ホワイトデーにマシュマロNG!?海外のホワイトデーは?

スポンサーリンク



ホワイトデー_画像
ホワイトデーにお返しするお菓子達には実は意味があった!?
うっかり間違って自分の意にそぐわない物をお返ししないように、シッカリ意味を抑えておきましょう!!

さらに今回は海外におけるホワイトデーについて調べてみました。

 

ホワイトデーの由来

そもそもホワイトデーとは、いつどこで誰が設定したイベントなのでしょうか?調べてみたところ実はホワイトデーを考案したのは日本で『全国飴菓子工業協同組合』が1980年に定めた事に始まります。が、発起人?組合?である全飴協はホワイトデーをキャンディの日に替えてしまっているのです。

実はそれよりも先手を売っていたのが1978年に【石村萬盛堂】という福岡市の老舗菓子屋さんが『もらったチョコをマシュマロで包んで返す』という意味を込めて”チョコ入りマシュマロ”をお返しする『マシュマロデー』イベントを開いたのは良いが、便乗した他のお菓子屋さんが他のも売りだしたらしいから意味がわからない…それもう”マシュマロデー”じゃあなくなっているじゃないか・・・

しかし、もっと前1973年に不二家とエイワがタッグを組んでイベントを行った時に『ホワイトデー』が出来たという新聞記事が出ていたようです。

過去の経緯から見て取れるように、日本全国それぞれ単発イベント的に行っていたものが、お返し好きの日本人らしく全国的に波及して気付けば共通認識となるイベントになっていったようですね。

 

定番ホワイトデーお返しお菓子4つの意味

男子はあまり細かい設定を気にしたりしないかもしれませんが、そもそもホワイトデー自体がモヤッとした曖昧なものなので、後付の設定や認識は全体の総意になっていったりするのでお返しにはそれ相応の気遣いが必要です

 

マカロン

マカロンに込められた意味は『あなたは特別な人』だそうです。だからホワイトデーの定番まで上りつめたのか~と考えているソコのアナタ!甘いよ!マカロンのように甘い!

マカロンは単価が高いですよね?比較的値の張る商品で駄菓子屋で売っている代物ではありません。作った人はこう考えたに違いありません。《恋人や親しい友人への贈り物に的した意味にしていれば、こいつぁプレゼントに適したお菓子になるぜ・・・クククッ》だからマカロンの単価が高いと考えれませんか!?

とは言え決まっているものは仕方がありません。ホワイトデーオススメのお菓子である事は間違いありません。

 

キャンディー

お返しの意味:あなたが好きです

これを知ってしまった今、もはやホワイトデー時期にウッカリ同姓や子供にうかつにキャンディーをあげることがためらわれてしまうほどの意味です。マカロンはまだセーフだけど、これはさすがに直球すぎる

本命に返すならダントツでオススメのお菓子です。逆に義理チョコに手軽に持ってるキャンディーを差し出そうものなら相手は凄い勘違いをする羽目になるかもしれません

 

クッキー

お返しの意味:あなたは友達

義理で返すにはカナリ最適なお菓子です。そういう層を狙ってくる辺り戦略としては素晴らしいです。ほとんどが義理になる事を想定し、一番分母が大きいであろうこの層を狙った意味にしてくる辺り、経営的な戦略が見え隠れします。

逆に本命にはコレではマズいという事ですのでお気をつけ下さい。

 

マシュマロ

お返しの意味:アナタが嫌い

どうしてこうなった・・・?これは明らかにマシュマロ嫌いの女子が考えた戦略としか思えません。上記の【石村萬盛堂】の想いを踏みにじるようなこの意味はひどい仕打ちです。

とは言え、逆らって本命にマシュマロを渡すと中がこじれてしまう恐れがあります。付きまとわれて困るストーカー的な人にはマシュマロを返せばいいのではないかと思います。まぁそもそもそんな人からチョコを受け取る方がどうかしているので、選択肢としては気付けば地に落とされているひどい扱いです

 

海外でのホワイトデーは?

韓国、台湾、中国の一部で行われているようですが、なぜアジア圏内に集中しているかと言うと日本の影響を受けて始まったからなんです。

お返しをする、という意味でいくと実はそもそも欧米のバレンタインデー自体がプレゼントを贈り合ったりするそうなので別途日を設けていないようです。日が分かれているかそうでないかというだけで、やはりお返しの精神は人間の根本的な感情なのかもしれないですね。

 

まとめ

割合的に『お返しは期待しない』という女性が多いそうなのですが、日を分けるからそういう事になるんじゃないかな・・・?と、元も子もないことを言ってみました。まぁ期待しないような素敵な女子とお付き合いできたら、その時は奮発してアクセサリー辺りをプレゼントしてあげたらいいんじゃないでしょうか。

結局プレゼントしなきゃいけないんじゃないか!?というツッコミはナシでお願いします。無償の愛が試されるときですよ!

我が家はバレンタインデーに夫から妻へプレゼントを渡して終わりです。これはまぁそれはそれで夫婦円満になるのには良い方法かもしれません(?)

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ