京都夜桜3選 3月4月の見どころ夜桜ライトアップ

スポンサーリンク


京都夜桜_画像

 

京都では3月下旬から4月上旬にかけて桜が見どころですが、夜桜がライトアップされるイベントがあります。オススメの夜桜ライトアップイベントを行っている夜桜の名所3選をご紹介します!

 

円山公園 しだれ桜ライトアップ

祇園にある円山公園の枝垂れ桜が日没から深夜1時までライトアップされます。イベント開催時期は毎年3月中旬から4月中旬になります。また、日没から23時までかがり籠というマツの割木で『かがり火』も焚かれています。

“祇園の夜桜”として多くの花見客で賑わっておりかがり火と合わせて幻想的な夜桜を堪能する事が出来ます。桜の開花時期は3月下旬から4月上旬で枝垂れ桜→染井吉野桜→山桜の順番で見どころが推移していきます。

イベントに関するお問い合せはコチラ
公益財団法人 京都市都市緑化協会:075-561-1350

 

下木屋町夜桜 ライトアップ

下木屋町通りにある高瀬川に1kmにわたって200本の桜が毎年3月下旬から4月上旬にかけてライトアップされます。阪急河原町駅から近くにある繁華街に存在する桜の名所である為、この時期に京都に立ち寄ることがあれば是非足を運んで見て頂きたいスポットです。

繁華街ですので周辺にホテルや飲食店も数多くあります。夜桜をホテルの部屋から満喫するもよし、お酒のアテに夜桜を楽しむのも風情があってよいですよ!

 

東寺 夜桜ライトアップ

JR京都駅から徒歩15分程の場所にある東寺が3月下旬から4月中旬にかけて夜桜をライトアップし、夜間拝観が出来るようになっています。桜は不二桜・枝垂れ桜がライトアップされており、五重塔・伽藍群などもライトアップされているので2重でライトアップが楽しめるスポットです。

夜間拝観の入り口は東門(慶賀門)に設置されている特設入口からのみとなっていますので、行かれる方はお気をつけ下さい。また拝観料として大人・高校生は500円・中学生以下は300円がかかります。

夜間拝観でも金堂・講堂の仏様も拝観出来るのですが、お堂の中にはいることは出来ません。簡易的な席も用意されていますが人が多く座れない事もあります。

時間帯は18:30から22:00ですが受付は21:30までになります。

開催状況など東寺へのお問い合せはコチラ
TEL:075-691-3325

 

オススメルート

通常拝観がてら東寺に夕方頃から行っておき、夜になってきたら夜桜や五重塔のライトアップを楽しみ→円山公園に移動してかがり火と共に夜桜を堪能→下木屋町に移動して少し遅目の晩御飯でもとりながら夜桜を楽しみ、その近場のホテルに泊まる。というルートがオススメです!

 

幻想的にライトアップされた大きな夜桜を見る機会はあまりありません。自然のものですので時期は限定されますが、時期があえば是非足を運んでみてください!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ