かたせ莉乃は坂上忍や成宮寛貴の姉貴分!?独身極妻の噂話!!

スポンサーリンク


かたせ莉乃
前回の高岡早紀さんの記事に引き続き美魔女シリーズ(?)です。
女優のかたせ莉乃さん。50代後半とは思えない若々しさで独身貴族を貫いておられます。

 

極妻シリーズのかたせ梨乃

私は極道の妻たちで演じていた関西弁で啖呵を切るイメージが強いのですが、シリーズ一作登場時は内気で普通のおしとやかなキャラでした。それがヤクザの杉田役の世良公則と関係を持ち、キャラ変容を果たしていったわけですね。

これは1作目決めセリフ『うちは極道に、惚れたんやない。惚れた男が、たまたま極道だったんや』これを体現する大事な役割だったという事かもしれませんね。

 

坂上忍や成宮寛貴の姉貴分とは?

坂上忍さんとは極妻シリーズからの縁

坂上忍かたせ梨乃さんが極妻シリーズ『極道の妻たち三代目姐』で坂上忍さんと共演した際には舎弟の関係という設定でした。
実際にお酒の飲み方や話術なども教えてもらったそうで、リアルな舎弟関係のようになっていたのかもしれませんね。

現在は毒舌キャラとしてブレイクしている坂上忍さんですが、当時を振り返ったかたせ梨乃さんは【生真面目な好青年】と明かされており、『今の姿が信じられない!』と衝撃を受けたようです。

当時は撮影が終わると挨拶をしてから帰り、飲み会では端に座って無口で控えめだったと明かされているので、今が本領発揮しているのか、逆に毒舌・傍若無人キャラ演じているのか気になるところですね。
これはまた別の機会に探ってみたいと思います。

そんな当時の舎弟関係が今でも続いおり、坂上忍さんは姉御であるかたせ梨乃さんには頭があがらないそうです。

成宮寛貴を芸能界にスカウトしたのがかたせ梨乃?

成宮寛貴人気ドラマ相棒シリーズの3代目相棒役でおなじみの成宮寛貴さんですが、芸能界入りしたキッカケは、新宿2丁目で働いていた時に偶然来ていたかたせ梨乃さんの目に止まり宮本亜門さんに紹介。

その後、宮本亜門さんの舞台『滅びかけた人類、その愛の本質とは…』のオーディションに合格し、役者デビューを果たしたそうです。

当時は18歳だったそうですが、中学の時に母親を亡くされているようなので母親のように面倒を見てくれたかたせ梨乃さんには頭が上がらないのではないでしょうか。

 

独身を貫いている理由は?

上述の成宮寛貴さんを発見された新宿2丁目にはレズバーがあり、そこの常連とのことで同性愛者か?と噂される事もあれば、既婚者の共演者との噂がよくあがる事もあったので、既婚者にしか惹かれない癖がある?など、不思議な噂では何故か海外ミュージシャンであるエリック・クラプトンとの関係も囁かれていました。

ここまでくると何が何やらという感じですが、実際に共演された方は『非常にサバサバした姉御肌』『酔っ払うとキス魔になる』という事を言われているようなので、そこから上記の様な噂がされているのかもしれませんね。(クラプトンは謎ですが…)

かたせ梨乃さんご自身が語られていたのは【芸能界ではなくて、別の業界で自分に出来ないことをする人や何かに打ち込んでいる人】に惹かれるそうです。なかなかお眼鏡に叶う人が現れないだけかもしれませんがハードル高そうです!

 

今後のかたせ梨乃に注目!

かたせ莉乃2
最近はバラエティにも出たりされていて坂上忍さんとの共演している姿を見れそうですし、何かのドラマや映画で成宮寛貴さんとの共演も見れるかもしれませんので、上記情報を踏まえた上で見てみると面白そうですね!

また、まだまだ若々しいかたせ梨乃さんの熱愛にも注目していきたいと思います!

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ